おせちの通販は予約が必要だがそのタイミングは

おせちの通販は予約が必要だがそのタイミングは

多くの日本人はお正月におせちという料理を食べる習慣がありますが、そのうちの一部の人は自作しないで通販で商品を購入する人もいます。そうなるともちろん予約が必要となりますが、近ごろはそのタイミングも重視されることになります。

これの販売開始は9月には早くも始まっている

通販で販売されているおせちは予約を必要としますが、それの開始は近ごろは早くも9月の初旬ごろには開始されてる業者が目立つようになりました。早い業者では8月の下旬に開始しているところもあります。この予約受付が昨今これらの時期に開始されるようになった背景にはもちろん顧客取り込みもありますが、早期に販売受付開始をすることでコスト削減も狙いだと業者自らが販売宣伝時に言及をしています。というのは商品のコストは材料や調理コストなど原価で商品自体を作り、他に販売宣伝費や送料で成り立ってますが、さらに商品ロスのコストも含まれています。

早期の受付で余計なロスを少なくする

この商品ロスのコストが商品自体のコストの約3分の1を占めているともいわれます。この商品ロスは売れ残りで廃棄せざるを得ない分などが含まれてます。そこで近年の通販業者の一部ではその商品ロスのコストを何とか削減しようとして、9月ごろから早期予約開始受付を始めるようになりました。これをすることで早くから顧客を取り込むと同時に、商品製造に必要な材料がどのくらいかを把握できやすくなるとしています。これで余計に材料を多く仕入れすぎたりしないで済むなどして商品ロスのコスト削減を実現できるとしています。そしてその商品ロスのコストを還元して商品自体のコストも安くして販売受付をしています。

遅すぎると値段上げてキャンセルできないように

なおこれらの通販で販売されてるおせち自体は10月や11月を過ぎても予約自体の受付を行ってる場合もありますが、これらの時期になるとその前に販売宣伝をやってた時期に比べて少々値上げして対処している場合もあります。また業者の商品によっては売り切れになってる場合もあります。ここで気を付けることは一部の人は事態が変化してキャンセルせざるを得ない場合が出てくる可能性もあります。そのキャンセルに関しては早期予約の場合はある期限までだと受け付けてくれる場合もありますが、年末に近い時期になるとそのキャンセルも受け付けない場合も出てきますので注意となります。

まとめ

通販で販売されてるおせちは近ごろは早期の予約開始時期が昔よりも早まっています。これにより商品ロスコストを削減できるようになるとしています。そして早い時期に予約すれば遅い時期に予約した場合よりも商品自体の値段を若干安くして還元をしています。

page top