通販での失敗しないおせちの選び方

通販での失敗しないおせちの選び方

一の重から素材一つごとに縁起が担がれ、豪華さを引き出しているのが、おせちです。純和風とするのか、和洋折衷とするのか、全国から取り寄せられるサービスが、下ごしらえなどを面倒に思う主婦から注目されています。

食べる前に届く日にちを心配すること

通販では、食品において、食材そのものより、調理済みとなる形で届けられる内容が、味わいや手間を省きたい30代から40代の主婦の本音として見聞きされています。特に通販でも、割烹や料亭などで腕をふるうプロが、料理を提供しているパターンもあります。年始から台所でバタバタしたくない、ゆっくり年始めしたい主婦にとって、おせちを通販から購入するケースも増えています。といっても、メディアで取り出されているのが、届いたおせちのクオリティ、配送トラブルなどで、選び方によっては残念な内容で届く場合も少なくはありません。重要視すべきは、元旦に届くためにも予約スケジュール、特に数量限定品であれば、数が把握されている分、調理するはずの食材に遅れがでない限りは、配送トラブルは未然に防ぐことができます。

一段に詰め込まれたプロお墨付きの厳選食材

記事のイメージ画像

新年を祝う年始めの祝膳となり、最近では、和洋折衷、バラエティー豊かな内容で提供されています。選び方として、オードブル感覚で楽しみたい方には、先に述べたように和洋折衷で、お重本体も、招くゲストの人数に合わせて、二段や三段から選ぶのが適しています。特別なひとときに、多様な味を少しずつ味わいたい時には、一段に厳選した国産食材を使い、彩り豊かに仕上げているタイプが適しています。 プロがこだわる食材は全国各地から厳選された一級品で、一流の匠のワザで丁寧に仕上げられていて、最近では、ゲストの訪問も元旦を省いて2日から挨拶に足を運ぶケースもあり、日持ちもしないため、少人数向きの内容量です。

とりあえず味を一度取り寄せてみる

特に、割烹や料亭の味は薄味であったり、もちろん、合成着色料や保存料不使用なので、日持ちがしないことも選び方では大切です。賞味ではなく消費期限となるため、受取日を逆算することは必要で、冷蔵で届くのか、解凍する時間を要する冷凍で届くのか、はたまたメニュー構成や食材の吟味、調理技法や味付けなど、こだわりは提供するお店によって異なります。老舗の味と言っても、ダシが関東や関西で異なるように自分たちの味覚と違ったり、また、豪華さも彩りを意識するのか、使われている食材に求めるのか、違いが見られます。通販でも、ミニお重として購入を検討できるお試し品があり、定番の黒豆や伊達巻きなどの品を詰めて提供しているケースを活用するのも失敗しない手段です。

まとめ

有名店が通販サービスを提供しており、主婦にとっては、新年くらいはラクをし、こだわり抜かれた匠の味となるおせちをお取り寄せしたい願望が強い傾向です。多彩な美味しさを詰め合わせたお重には、それぞれに厳選した素材が詰め込まれており、上質な味を元旦に食卓に出すことができます。

page top