紀文

紀文

紀文

家族の中には、小さい子供がいることもあれば、お年寄りがいることもあるでしょう。紀文のおせち料理では、色々な世代に合ったタイプが用意されています。キャラクタータイプや、柔らかめに作られたタイプもあります。


人数に合わせて選ぶことができる

かつての家庭といえば、夫婦と子供2人の4人家族が多かったとされます。今は子供の数が少なくなり、子供が一人になることがあります。そうなると家族も3人になります。親子は3人だが、世代が増えて両親が加わることがあります。そうなると5人家族になります。家族の人数に合わせて料理の量も変化させる必要があるでしょう。紀文が提供してくれるおせちには、三段重と二段重があります。三段重は主に家族が5人から4人向けになっています。二段重は4人から3人家族にぴったりの量になっています。人数によって選ぶことができるので、多すぎたり少なすぎたりすることがないようにできるでしょう。

子供がいるならキャラクター重を選ぶ

子供はあまり行事などをよく知りません。でも少しずつ覚えさせる必要があります。普段の食事などでも、通常は大人用と子供用に分けて作ることがあるでしょう。子供の場合は少し甘めにすることもありますし、形などにこだわることもあります。紀文ではおせちセットを購入することができますが、子供がいるなら、キャラクター重を選ぶと良いかもしれません。まずはお重にキャラクターが描かれています。それを見ただけで喜ぶかもしれません。その他、かまぼこなどにイラストがついているものが入っています。普段はかまぼこなどを食べない子供でも、キャラクターが描かれているものなら喜んで食べるかもしれません。

咀嚼があまり得意でない人向けがある

高齢化社会が進んでいると言われています。お正月を高齢の夫婦のみで過ごすこともあるかもしれません。これまでなら、年末から正月の準備をしていた人も、年々それができなくなってくることもあります。最近はおせち料理も通販などを利用することが多くなっているので、上手くサービスを活用すると良いかもしれません。紀文が用意している商品として、食べやすくしているタイプがあります。どうしても固めの料理などは歯が弱い人などは食べにくくなることがあるでしょう。柔らかめに作られているので、咀嚼が得意でない人でも楽に食べられるようになっています。家族で楽しみながら食べることができます。

まとめ

家族の人数は各家庭で異なります。人数を間違えて料理を用意すると、多すぎたり少なすぎたりになります。紀文のおせちでは、5人向けから2人向け等幅広い量が用意されています。ですからいろいろな家庭で楽しむことができます。

page top