おせちの通販に賛否両論あるのは

おせちの通販に賛否両論あるのは

デパートが出来上がったおせちを売り出した時には、作ったものなんてという考え方がまだまだ多数派でしたが、今やすっかりおせちは買う物という考え方に移行しつつあります。けれど、手作り派と買う派で、まだまだ賛否両論ありそうです。

意見が分かれる一番の理由はどこに

おせち料理と一口に言っても、地域によって入れる物は微妙に違うという特徴があります。そのため、昔からその地域に伝わる伝統的な料理で用意しようと思ったら、やはり手作りということになるでしょう。一方で、女性も仕事を持ってバリバリ働く今の時代、年末年始のお休みは取れても、なかなかゆっくりおせちを作っている時間がないとか、そもそも作れないという人も多くいます。さらには、たくさんの品が通販で販売されていて買う楽しみが出てきたことも、意見が分かれる要因になっています。年々、多様化するおせち通販で、意見が分かれる一番の理由を決めることすら難しくなってきました。

賛否両論を実際に自分で体験してみる

かつてはすでに出来上がったおせちなど、富裕層の人たちしか利用していませんでしたから、手作りするのが当たり前でした。けれど、今は材料費と同じくらいの費用で出来上がったものが買えるようになっていますので、それなら作る手間が省けてラクだと考える人が多くなったのも、無理はありません。とはいえ、今まで手作りしてきた人が、出来上がったものを買うのに変えるには、なんらかのきっかけが必要です。作った方がおいしいのか、買った方が楽でいいのかという賛否両論があってなかなか決められないでしょうが、一度は自分で体験してみる必要があるでしょう。

買って食べてみたらどう感じるか

出来上がったおせちは通販で届けられますので、冷蔵庫で解凍するだけで食べられます。朝早くから起きて、手間のかかる料理を作らなくてもいいというところが、女性にとっていちばん大きな違いを感じるところでしょう。通販で届くのを待って、受け取ればもう、お正月を迎える準備は出来上がりなのですから、こんなに楽なことはないと感じると思われます。味の面でいえば、自分が作ったものではないので、食べ慣れた味ではないおせちになります。けれど、食べ慣れていないということは、どれを食べても新鮮に感じるという楽しみができることになります。市販のおせちに対する賛否両論は根強いものの、実際に食べてみることで、意見ががらりと変わる可能性があります。

まとめ

自分で作れる人なら、おせちを作らずに買うなんて、とんでもないという考え方になるでしょうが、作れない人にとっては買えたら楽で、それにおいしいという意見が多く、賛否両論分かれるところです。そのため、作れる人の方が、市販のものを買って食べたときにどう感じるかが、買うかどうかの分かれ目になりそうです。

page top